信州のアート、軽井沢で発信 飛躍の場に…出展作家募集

2015/03/13 11:55
ODEK2015031300374101.jpg

 軽井沢町の旧軽井沢銀座通りに面するショッピングモール「チャーチストリート軽井沢」内で、信州の作家らの作品を紹介、販売している店「QculAtelier(キューカルアトリエ)」が、2015年度の出展者を募っている。展示スペースは1区画0・6平方メートルで、固定賃料が年間約20万円。「『旧軽(きゅうかる)』でチャレンジし、作家として飛躍しよう」と呼び掛けている。

 アトリエは、旧軽井沢の活性化を目指すチャーチストリート軽井沢の直営で、現在は約20人の作家の作品を展示。新規に5人程度を募集している。

 作品はアトリエへの委託販売となる。飾り付けは、作家と相談し、アトリエが担当する。0・6平方メートルの平面のほか、その上の空間や壁面も使える。賃料は、光熱費などを含めた固定費が、夏季(4〜10月)は月2万円(税抜き)、冬季(11〜3月)は月1万円(同)。ほかに売り上げの15%を賃料として支払う。契約は原則1年とする。

 店舗を担当する川地彩香(かわちあやか)さんは「信州の作家や工房を構えている人のほか、信州が好きという作家も歓迎。今はまだ工房を構えられないという人も、作品を発表する場にしてほしい」と話す。

 店内では企画展も開催。15日までは東信地方で制作活動をしている角りわ子さん、松本冬美さん、坪内真弓さんの陶芸作品を並べた「女流作家三人展」を開いている。午前10時〜午後6時。入場無料。

 チャーチストリート軽井沢は今月は木曜休み、4〜11月無休。出展の問い合わせはキューカルアトリエ(電話0267・31・6979)へ。

写真説明:信州の作家らの作品を展示・販売している「QculAtelier」の店内

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ