「平面」「立体造形」110人出品 佐久平の美術展

2015/02/16 11:15
ODEK2015021600358001.jpg

 佐久市立近代美術館(猿久保)で22日まで、第29回佐久平の美術展が開かれている。市と市教育委員会の主催。絵画などの「平面」と彫刻作品などの「立体造形」の2部門に、佐久地方を中心とした計110人から出品があり、展示されている=写真。

 最優秀賞を受賞した佐久市平賀の内藤建吾さん(76)の「秋しぐれ」は縦130・5センチ、横162センチの油彩画。浅間山を背景に紅葉やススキなどが描かれている。そのほか、コンバインで稲穂を収穫する様子を描いた油彩画や、巨大な想像上の動物を題材にした彫刻なども並ぶ。訪れた佐久市の主婦(55)は「題材や手法が幅広くとても面白い」と話した。

 午前9時半〜午後5時。入場無料。問い合わせは近代美術館(電話0267・67・1055)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ