カレー店巡って冬も熱く 松本でスタンプラリー

2015/02/13 11:31
ODEK2015021300357101.jpg

 カレーを提供する松本市内の飲食店29店舗が14日、初のスタンプラリー「MATSUMOTOカリーラリー」を始める。カレー店にとって冬場は来店者が減る時季といい、「イベントをきっかけに新しいお店を開拓してほしい」とと企画した。4月12日まで。

 参加店舗で台紙を受け取り、カレーを食べてスタンプを押してもらう。5店分を集めると、6店目からはどの店でもドリンクや大盛りのサービスなどが受けられる。スタンプ15店分で、ラリーのロゴ入りのトートバックがもらえる(先着10人)。全29店を回ると「松本初代カリー王」と認定され、オリジナルのカレースプーンを贈られる(先着1人)。

 市内に2店舗あるカレー店「エスニックカリーメーヤウ」の小山修さん(37)=松本市=らが「松本カリー推進委員会」をつくって企画した。参加店舗は中心市街地のほか、浅間温泉や島内、石芝など広範囲。種類もエスニック、欧風、和風などさまざまだ。

 店同士のつながりをつくることも狙いの一つ。小山さんは「ご当地カレーの考案など、町が盛り上がる企画もやっていけたらいい」と意気込んでいる。

 詳細は公式ブログ(http://matsumotocurryrally.blogspot.jp/)で。問い合わせはメーヤウ桐店(電話0263・33・6504)へ。

写真説明:チラシを手にスタンプラリーへの参加を呼び掛ける小山さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ