SKFが3年ぶり児童合唱団公募 松本で1月28日審査

2011/12/27 10:18

 サイトウ・キネン・フェスティバル(SKF)松本実行委員会は、来夏のフェスのオペラ「火刑台上のジャンヌ・ダルク」に出演する児童合唱団の団員を募集している。男女合わせて28人をめどに、1月28日にオーディションで選出する。公式公演の児童合唱団を公募するのは2009年の「戦争レクイエム」以来3年ぶり。

 「火刑台上のジャンヌ・ダルク」は来年8月19、27、29、31日の全4公演。SKF松本総監督小沢征爾さん(76)が指揮、サイトウ・キネン・オーケストラが演奏する。児童合唱団は、120人規模の大人の合唱団と共に舞台上で歌声を響かせる。

 対象者は保護者の同意が得られた小学5年生~高校2年生(12年4月現在)で、男子は変声期前のみ。2~8月に月2、3回開く練習のほとんどに出席でき、本番やリハーサルに必ず参加できることが条件だ。オーディションは松本市島内のザ・ハーモニーホールで開催し、「故郷(ふるさと)」「冬の星座」「浜辺の歌」から1曲選んで歌う。

 応募締め切りは1月20日午後5時必着。SKF松本のホームページから応募用紙を入手して必要事項を記入し、宛先に自分の住所と名前を書いた郵便はがきを同封して、SKF松本実行委事務局「『火刑台上のジャンヌ・ダルク』児童合唱オーディション係」(〒390―0874 松本市大手3の8の13)へ申し込む。問い合わせは実行委(電話0263・39・0001)。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ