FDAチャーター便で南九州へ 2月に松本からツアー

2011/12/09 09:58

 「信州まつもと空港地元利用促進協議会」に加盟する旅行会社6社は8日、フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)のチャーター便で松本、鹿児島の両空港を結ぶ「南九州宮崎&鹿児島を巡る旅」を、2月10〜12日に企画すると発表した。松本空港の利用促進策として取り組む「九州戦略」の一環として、松本市がFDAなどに実施を働き掛けていた。

 旅は、週末を利用した2泊3日で、景色のいい青島(宮崎市)や知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市)などを巡り、霧島・指宿の両温泉(いずれも鹿児島県)に宿泊する。1人9万9800円。松本市の観光大使に任命された緑色の機体の4号機を使う予定だ。

 8日は、菅谷昭市長と旅行会社の担当者が懇談。担当者は「寒い時季に温暖な南九州を訪れる魅力的な内容。人気の温泉も満喫できるコース」とPR。菅谷市長は「九州戦略の第一歩。次は定期チャーター便を考えたい」と話していた。

 FDAによると、鹿児島側からも2月上旬、松本行きのチャーター便を予定しているという。旅行商品の問い合わせは同協議会事務局の松本市観光温泉課(電話0263・34・8307)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ