おうちの方へ

新聞をご家庭で読んでいますか?

 ご家庭で新聞をどのくらい読んでいるでしょうか?新聞をご家庭で読むことは、家族とお子様をつなぐコミュニケーションのひとつです。一緒に新聞を読み、 話し合うことで、お子様がどれだけ社会に興味関心を持っているのか、どんな価値観や考えをもっているのかを知る手がかりになります。

 しかし、日ごろから、じっくり新聞を読む時間を持つこと自体がなかなか難しいものです。休日などの家族団らんの時に、ひとつの記事を選び、みんなでじっくり読んで、読んだ記事について簡単に話し合うことからはじめてみませんか?家族が当番制で記事を選ぶのも楽しいですね。身近なお子様の教材として、ご家庭で新聞を読んでみてはいかがでしょうか。

 信濃毎日新聞は、小学生向けに「信毎こども新聞」(毎週土曜)を、中高大学生向けに「信毎ヤンジャ」(毎週金曜)を掲載しています。
 また、教育面(毎週水曜)では県内の教育現場が直面する多様な課題を追うルポや、新聞を使った学習(NIE)の実践例などを紹介。ひろば面の読者投稿欄「建設票」には、若者の意見を載せる「10代から」のコーナーを設けています。

  このほか、小学生に理科や社会を楽しみながら学んでもらう直接参加型の講座「信毎こどもスクール」や、こども記者のための取材教室も開いています。お子様と一緒に、ぜひご参加ください。