信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
13失点、連勝止まる 投壊…リード守れず
2018/05/16 11:07

 ルートインBCリーグは15日、松本市野球場で信濃グランセローズ―滋賀の1試合を行った。西地区2位の信濃は10―13で逆転負けを喫し、連勝が3で止まった。通算9勝5敗となり、試合がなかった首位福井とのゲーム差は3に広がった。

 信濃は投手陣の乱調が響いた。先発の樫尾が3点のリードを守れず、同点とされて四回途中で降板。2番手の寺本が3失点、3番手の浅見は4失点して逆転を許した。打線は船崎の3点本塁打、ポロの2点本塁打など14安打を放ったが、及ばなかった。

 信濃の次戦は19日。上田県営球場で午後1時から、東地区の栃木と対戦する。

写真説明:信濃―滋賀 四回滋賀に同点とされ、降板する信濃先発の樫尾(左から3人目)

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun