信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
日本一逃さない 8日、福井と今季開幕戦
2018/04/07 11:44

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは7日、各地で開幕を迎える。リーグ2連覇を狙う西地区の信濃グランセローズは8日、福井市営球場で同地区の福井との開幕戦に臨む。2年連続となる開幕白星を飾って、連覇に向けて好スタートを切りたい。

 信濃は開幕前の練習試合とオープン戦を合わせた計10試合で7勝2敗1分け。1試合平均で7・1得点を挙げるなど、打線の状態は上向きだ。4、5番に座ることが濃厚なポロとジェウディーの両外国人が振れている。本西監督は「(打線の)軸ができたことは大きい」と強調する。

 開幕投手は、今季から先発に転向した山崎が務めることを指揮官が明言。中継ぎより後ろには先生、浅見に新加入の斎藤、北方、叶が加わるなど層が厚くなった。

 昨季の福井とは、前期は1勝5敗、後期が6勝2敗。今季は新たに12人が入団し、大きく選手が入れ替わった。本西監督は、昨季8勝の右腕浜田が先発するとにらむ。後期はけがで信濃との対戦はなかったが、前期に浜田が先発した3試合全てで信濃は敗戦。信濃打線が、早い回で得点を奪うことができるかが鍵を握りそうだ。

写真説明:今季から先発に転向し、開幕投手に指名された山崎

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun