信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
本西監督に続投要請
2017/10/26 10:25

 プロ野球独立リーグ、BCリーグの信濃グランセローズを初のリーグ優勝に導いた本西厚博監督(55)に対し、球団側が25日、来季の続投を要請した。本西監督は取材に対し、「評価されて(続投の)要請を受けた。ゆっくりと考えたい」と語り、この日は要請を持ち帰って、近く回答する意向だ。

 同日の中野市長への表敬訪問後に、球団幹部が面談の場を設けて要請した。就任2年目の本西監督は、自ら獲得に携わった新戦力を加えたチームを率いて今季、球団創設11年目で初となる西地区後期優勝に導いた。プレーオフでは富山(前期優勝)を下し西地区優勝、さらに群馬(東地区優勝)を破りリーグ優勝を果たした。徳島(四国アイランドリーグplus優勝)と争った独立リーグ日本一にもあと一歩に迫った。球団側は球団史を塗りかえた今季の成績に加え、選手育成の手腕も高く評価した。

 竹内羊一球団社長は「球団側としては前向きに返答を待ちたい」と話した。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun