信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃はきょう後期最終戦 樫尾と山崎タイトル争い
2017/09/10 10:28

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの信濃グランセローズは10日、中野市営球場で、栃木ゴールデンブレーブスとの後期最終戦に臨む。信濃は西地区の後期優勝を果たし、16〜18日の地区チャンピオンシップ(CS)出場を決めている。後期最終戦を飾って、前期優勝の富山サンダーバーズと西地区優勝を争う地区CSへ弾みをつけたい。

 東地区の栃木との対戦は、前期の6月16日以来2度目。前回は2―5で敗れており、前後期を合わせて信濃がリーグ全体で唯一勝てていない球団となる。今季から参入した栃木は前期は東地区5位、後期は9日現在で同4位と苦戦している。

 信濃はここまでトップタイの13勝を挙げ最多勝争いをしている樫尾が予告先発。同じ13勝で並ぶ群馬ダイヤモンドペガサスの伊藤も10日の予告先発となっている。既に20セーブを挙げている山崎は最多セーブの獲得が確実。リーグ記録の21セーブまで残り1に迫っている。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun