信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
27日からホーム4連戦
2017/07/27 10:22

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの信濃グランセローズは、27日からホーム4連戦に臨む。後期(36試合)はここまで16試合を終えて9勝7敗で、西地区2位につける。本西監督がポイントに挙げる7月の月間勝ち越しまで残り2勝。ホームのアドバンテージを生かして勝ち越したい。

 27、28日の2連戦となる石川ミリオンスターズは、26日現在で西地区5位に沈むが、東地区首位の群馬ダイヤモンドペガサスに22日の試合で勝っており、侮れない。打点を稼いでいる青木、アセンシオ、桑原らの上位打線には警戒が必要だ。

 信濃の27日の予告先発は高井。26日現在でリーグ4位の防御率1・76を誇る右腕で初戦を勝ち、勢いをつけたい。残りの3試合の先発は樫尾、ロン、仲野の起用が濃厚。中継ぎ陣は伴の加入で層の厚みが増してきた。

 打線は残塁数がリーグ2位の420とやや増加気味。特に23日の試合では、好機で下位打線が打てない場面が目立った。永冨、船崎らの先発選手が入れ替わる可能性もある。同日の試合で肩を痛めた西田は、この4連戦を欠場する見通しだ。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun