信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
前期最終戦飾る 西地区2位確定
2017/06/19 09:48

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは18日、各地で3試合を行った。西地区2位の信濃グランセローズは高崎市城南野球場で東地区の群馬ダイヤモンドペガサスと前期最終戦を行い、8―3で勝った。信濃は前期を通算21勝14敗で終え、順位は西地区2位で確定した。

 信濃は3―3の同点で迎えた七回、1死一塁からの内野安打に敵失が絡んで1点を勝ち越し。2死後にジェウディーの中越え適時二塁打で1点を加えた。九回は1死二、三塁から中川の2点適時打などで、3得点して突き放した。先発ロンは6回3失点で5勝目。浅見、先生、山崎の継投で追加点を与えなかった。

 後期は23日の3試合を皮切りに開幕する。信濃の開幕戦は24日。長野市の長野オリンピックスタジアムに群馬を迎える。

写真説明:6回3失点で5勝目を挙げた信濃先発のロン

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun