信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
10連勝で奪首、M5 富山に2―0
2017/06/08 11:09

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは7日、富山県高岡市の高岡西部総合公園野球場などで2試合を行った。西地区2位の信濃グランセローズは同首位の富山サンダーバーズと対戦し、2―0で勝った。信濃は2007年に記録した9連勝を上回る、10連勝で球団新記録を達成。通算18勝11敗で、西地区首位に浮上し、優勝へのマジックナンバー5が点灯した。前期は残り6試合。

 信濃は一回、先頭のライが二塁打で出塁すると、中川の犠打野選で一、三塁。続くジェウディーの中犠飛で先制した。八回、2死から中川の中前打と敵失で一、二塁とすると、大平の右前適時打で1点を加えた。

 先発高井は7回1安打無失点で、毎回の11奪三振。先生、山崎の継投で零封した。

 信濃は8日正午から、滋賀県の守山市民球場で同地区の滋賀ユナイテッドと対戦する。信濃の予告先発は樫尾。

写真説明:富山打線を7回1安打無失点に抑えた信濃の先発高井

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun