信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
2日から4連戦 首位富山と2連戦
2017/06/02 10:30

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの信濃グランセローズは2日から4連戦に臨む。中でも2、3日は信濃が3・5差で追う、西地区首位の富山サンダーバーズとの2連戦。前期の優勝争いを左右する天王山となりそうだ。

 信濃は現在5連勝中で勢いに乗るが、首位の富山との差がなかなか詰まらない。富山は26〜28日の巨人3軍戦を2勝1敗で勝ち越すなど、1日現在で貯金が9。信濃は富山との直接対決が前期残り3試合で、一つも落とせない試合となる。

 信濃の2日の予告先発は高井。19日の富山戦で1安打完封するなど、登板した直近7試合で31回2/3を投げて自責点0を維持する。現状のエースとして、初戦のマウンドを託す。残りの3試合は樫尾、ロン、バンバンが先発することになりそうだ。

 打線はここ5試合で計33得点。打順の変更や入れ替えはなさそうだが、船崎や小林らここまで控え中心の選手も調子を上げている。本西監督は「ようやく戦えるチームらしくなってきた」と、充実ぶりを口にした。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun