信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃、福井に迫る0.5差
2017/05/04 14:35
信濃−福井 10回信濃2死満塁、サヨナラの本盗を決め仲間に祝福される小林(中央)

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは3日、各地で5試合を行った。西地区2位の信濃グランセローズは長野市の長野オリンピックスタジアムで同首位の福井ミラクルエレファンツと対戦し、延長十回の末、6―5でサヨナラ勝ちした。信濃は通算7勝5敗。2連勝で、首位福井との差を0・5に詰めた。

 信濃は3点を追う四回、2死一塁から3連続長打で同点。八回2死二塁から、柴田が右中間へ適時三塁打を放って勝ち越した。直後に3番手の山崎が2死から四死球と単打で追いつかれた。延長十回、単打と犠打、四死球で2死満塁とすると、代走の三走小林が本盗を決めた。

 信濃の次戦は5日。小諸南城球場で東地区の新潟アルビレックスと対戦する。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun