信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃、キャンプ入り 初の長野オリスタ始動
2017/03/16 10:08

 BCリーグの信濃グランセローズは15日、長野市の長野オリンピックスタジアムでキャンプ入りした。今年は寒さでまだ土が硬い中野市の本拠地を避け、スパイクに早く慣れるため、初めて同スタジアムをキャンプインの地に選択。4月8日の開幕に向けて始動した。

 初日は午後1時に本格的な練習を開始。ランニングなどで体を温めてから、シートノックや打撃練習、ブルペンでの投球練習などをし、4時間にわたって汗を流した。

 練習開始に先立ち、竹内球団社長が「しっかり準備して、活躍できるようにしてほしい」と激励。本西監督は「強い気持ちでやってほしい」と選手に呼び掛けた。

 チーム最長の在籍7年目となる新村は「昨年レギュラーだった選手を中心に、雰囲気良くやれた」と初日を振り返った。

 同スタジアムでの練習は18日まで。21日から4月5日にかけて、飯田市、上伊那郡南箕輪村、中野市で練習試合とオープン戦を計14試合予定している。本西監督は「楽しみな選手はたくさんいる。早くゲームをやらせてあげたい」と話していた。

写真説明:キャンプ入りし、ランニングで体を温める信濃の選手たち

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun