信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
22選手と今季契約結ぶ 本西監督「厳しい気持ちを」
2017/01/30 10:12

 BCリーグの信濃グランセローズは29日、長野市内の球団事務所で今季の選手契約とオリエンテーションを行った。この日は昨季から在籍する12人と新加入10人の計22人と契約を結んだ。外国人選手のロン投手、モンテーロ投手、朴世俊(パク・セジュン)外野手とは後日契約する。練習生の保科大樹投手(20)=茅野市出身=の任意引退による退団も発表した。

 2季目の指揮を執る本西厚博監督はオリエンテーションで「厳しい気持ちを持たないと、去年と同じ結果になる。今年はより勝負に徹する。力を合わせて優勝しよう」と話した。チームは2月10日から投手の合同自主トレーニングが始まり、15日からは野手が合流して本格的に始動する。

 この日契約した選手は次の通り(○は新入団)。

 ▽投手 名取泰誠、高井ジュリアン、先生優成、中村雅志、○佐々木勝一、○寺本悠真、○樫尾亮磨、○浅見修兵、○漆戸駿

 ▽捕手 柴田悠介、○松山翔吾

 ▽内野手 大平成一、西田崇晃、新村涼賢、○加藤頼、○中川翔、○田島光

 ▽外野手 武田竜哉、永冨翔太、森田克也、船崎星矢、○小林峻

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun