信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
練習試合勝利 投手9人が登板
2017年03月23日掲載

 BCリーグの信濃グランセローズは22日、飯田市の綿半飯田球場で中京学院大(岐阜)と練習試合を行い、5―2で勝った。

 今季初実戦の信濃は一回、1死二塁から永冨、パクの連続適時打で2点を先制し、二回には西田の右越え本塁打でリードを広げた。五回に漆戸が本塁打を浴びて2点差に迫られたが、八回に柴田の左前適時打などで2点を加えて突き放した。

 投手陣は先発の先生(せんじょう)以下、計9人が登板して1回ずつ投げた。有銘コーチは「打者に向けて投げる経験は大切。予想以上に(選手の出来が)良かった」と話していた。

 23、24日は練習し、25日は同球場で正午から、佐久コスモスターズと練習試合を行う。

新着記事
掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun