信州の花(紅葉)だより
涼やか白いスイレン 阿南町の関昌寺で見頃
2018/06/09 11:27
関昌寺 スイレン

 阿南町富草の古刹(こさつ)関昌寺の参道脇にある「大門の池」のスイレンが白いかれんな花を増やし、見頃を迎えている。約300メートルの参道は木陰が多く涼やか。8日は、近隣の飯田市では日中の気温が25度を超える夏日となり、暑さを避けて水面の花々を見に訪れる人もいた。

 小池彭道(ほうどう)住職(80)によると、20年ほど前にかんがい用だった池に数株を移植したのが始まりで、今では300株ほどの花が楽しめる。本堂へは参道を通らずに車で訪れる人が多いが、小池住職は「暑い時には参道を歩いて涼んでほしい」と話す。

 近所に住む女性(82)は、6月上旬の咲き始めからほぼ毎日見に来ているといい、「花が開き始める午前中が一番きれいに見える」と眺めていた。

写真説明:関昌寺参道脇の「大門の池」で清らかな白い花を咲かせるスイレン



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


山ノ内 ニッコウキスゲ
山ノ内 ニッコウキスゲ

茅野 バラ
茅野 バラ

伊那 アジサイ
伊那 アジサイ

喬木 ラベンダー
喬木 ラベンダー

小諸 バラ
小諸 バラ

花だより