信州の花(紅葉)だより
参拝者迎えるヒガンバナ 松川町の嶺岳寺
2017/09/21 10:10
松川町 ヒガンバナ

 下伊那郡松川町生田の嶺岳(れいがく)寺でヒガンバナが咲き始めた。眼下に天竜川、西方に中央アルプスを望む高台にある境内には約5万本が植わり、真っ赤な花が秋の訪れを告げている。

 住職の広沢勝則さん(79)が春の彼岸に花を咲かす梅に加え、秋の彼岸もきれいな花で参拝者を迎えたいと、40年ほど前から株分けや草取りなどをして育ててきた。今年は12日に開花し、現在三分咲き。見頃は今週末で今月いっぱい楽しめるという。

 彼岸の入りの20日、雲間から時折日が差す中、花をめでる人や写真愛好家らが訪れ、境内をゆったりと散策していた。ベンチに座って花を眺めていた同郡阿南町の主婦松村博子さん(71)は「初めて来たけれど、とてもきれい。これだけの数があるのは珍しい」。広沢さんは「ヒガンバナの赤と下草の緑、その中に植わる梅の幹の黒と、3色のコントラストを楽しんでほしい」と話している。

写真説明:嶺岳寺境内で咲き始めたヒガンバナ=20日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


喬木 キク
喬木 キク

諏訪 市道沿い
諏訪 市道沿い

池田 大峰高原
池田 大峰高原

高山村 松川渓谷
高山村 松川渓谷

箕輪ダム湖周辺
箕輪ダム湖周辺

花だより