信州の花(紅葉)だより
ツリフネソウかれんに 松本・入山辺の県道沿い
2017/09/09 11:51
松本 ツリフネソウ

 松本市入山辺の沢筋に近い県道沿いでツリフネソウが群生し、赤紫色のかれんな姿を見せている。

 ツリフネソウは湿った場所を好む一年草で、沢筋や湧き水のある所で多く見られる。草丈は50センチほどだが、さらに高く伸びるものもある。

 花は正面から見ると幅2センチほどで、茎にぶら下がるように幾つも咲いている。漏斗状に膨らんだ花の後方に伸びた「距(きょ)」と呼ばれる部分が渦巻き状にカールしているのが特徴だ。内部の蜜を求めてハチが花の奥深くまで入り込む。

 花器のような形が面白いと写真愛好家に人気がある。近くでは、よく似た形で黄色い花を咲かせるキツリフネも群生し、小さな秋の花が見頃を迎えている。

写真説明:赤紫色のかれんな姿を見せるツリフネソウ=松本市入山辺



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


南箕輪 シクラメン
南箕輪 シクラメン

岡谷 十月桜
岡谷 十月桜

根羽 四季桜
根羽 四季桜

飯田 鳩ケ嶺八幡宮
飯田 鳩ケ嶺八幡宮

長野 清水寺
長野 清水寺

花だより