信州の花(紅葉)だより
ハギと観音像の共演 佐久の園城寺
2017/09/08 11:35
佐久 ハギ

 佐久市内山の園城寺の参道で、秋の訪れを告げるハギが見頃を迎えている。しだれて咲く花からは、かすかに甘い香りが漂う。その鮮やかな紫色の花にうずもれるように、観音像がたたずんでいた。

 ハギはススキやナデシコなどとともに秋の七草に数えられる。寺の住職の川嶋光輝さん(45)によると、約30年前に先代住職が参拝者を楽しませようと植え、現在は約500株に増えた。今年は例年に比べて1週間ほど遅い8月下旬に花が咲き始め、15日ごろまで見られるという。

 寺は「コスモス街道」の名で知られる国道254号のすぐ近く。9、10日には写経会や例大祭がある「萩まつり」を開く予定だ。川嶋さんは「見頃を迎えたコスモスを見に来るついでにハギも見てほしい。花を見て穏やかな心持ちになっていただきたい」と話した。

写真説明:紫色の花にうずもれるようにたたずむ観音像=佐久市内山の園城寺



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


南箕輪 シクラメン
南箕輪 シクラメン

岡谷 十月桜
岡谷 十月桜

根羽 四季桜
根羽 四季桜

飯田 鳩ケ嶺八幡宮
飯田 鳩ケ嶺八幡宮

長野 清水寺
長野 清水寺

花だより