信州の花(紅葉)だより
黄色のじゅうたん、桜と共演 諏訪・上川河川敷
2017/04/21 12:01
諏訪 スイセン

 諏訪市四賀赤沼の上川河川敷で約25万株のスイセンが咲き誇り、堤防上で五分咲きほどになった桜並木と鮮やかさを競っている。群馬県太田市の戸谷和枝さん(61)は20日、同級生4人を連れて2年ぶりに訪れ、「友人にこの景色を見せたかった。今年もすごくきれい」と見とれていた。

 スイセンは2年前に亡くなった近くの松木幸雄さん(享年90)が1990年に栽培を始め、少しずつ面積を広げた。今は河川敷の約30アールがじゅうたんのように黄色に染まっている。桜との共演が評判を呼び、県外からも見物客が訪れている。

 松木さんの思いをくみ、現在は赤沼区の住民による「スイセンを愛する会」がスイセンを守っている。会員の松木文夫さん(66)は「弱ってきた株もある。今年は肥料をやって手入れをしたい」と話していた。スイセンは4月いっぱい楽しめるという。

写真説明:スイセンの黄色いじゅうたんと桜が共演する上川河川敷=20日、諏訪市四賀赤沼



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


南箕輪 シクラメン
南箕輪 シクラメン

岡谷 十月桜
岡谷 十月桜

根羽 四季桜
根羽 四季桜

飯田 鳩ケ嶺八幡宮
飯田 鳩ケ嶺八幡宮

長野 清水寺
長野 清水寺

花だより