信州の花(紅葉)だより
大町の農具川でアヤメ見ごろ 染め物も初販売
2013/06/02 10:46
大町 アヤメ

 大町市中心街を流れる農具川沿いでアヤメが見頃を迎えている。市民有志が12年前から地道に増やしてきた株は今では1万余。大町ならではの初夏の彩りを末永く育てていきたいと、神栄町橋下では1日から土、日曜に、有志らが初めて商品化したアヤメなどの染め物も販売している。

 アヤメが咲いているのは同市三日町から神栄町までの約1・5キロの間。残雪の北アルプス後立山連峰を背景に点々と、濃い紫色の帯が清らかな川の流れを引き立てている。放っておけばヨシやヤナギで埋もれる清流の景観を整えようと2001年に発足した農具川環境美化委員会が、手弁当で株分けや草刈りなどを重ね、育ててきた景色だ。

 ただ、日々の手入れができるのは5人ほどで、ほとんどが70、80代。「地域づくりは経済が絡まないと長続きしない」と語る会長の猪又毅さん(80)らの働き掛けで、10年から「信濃大町草木染研究会」の有志が見頃を過ぎた花びらの染色研究を始め、このほど商品化にこぎ着けた。

 1日は株数が最もまとまっている神栄町橋下に出店を設け、地元の草木も使った淡く上品な色合いのストールやショールなどの他、アヤメの苗も販売。2、8、9日も開く(午前10時〜午後3時)。

写真説明:農具川沿いで咲いているアヤメ。ボランティアのお年寄りらが手入れを続けている



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


豊丘 ハナショウブ
豊丘 ハナショウブ

湯の丸高原 ツツジ
湯の丸高原 ツツジ

大鹿 青いケシ
大鹿 青いケシ

八島ケ原湿原 ワタスゲ
八島ケ原湿原 ワタスゲ

泰阜 ササユリ
泰阜 ササユリ

花だより