信州の花(紅葉)だより
カラマツやダケカンバ色づく 南ア北部で紅葉見ごろ
2009/10/14 10:18
カラマツやカツラなどが黄色くなり、見ごろを迎えた南アルプス北部の紅葉

 南アルプス北部で、紅葉が見ごろを迎えた。伊那市南ア林道管理室によると、現在は標高1700メートル付近でカラマツやダケカンバが黄色くなっている。ただ、冷夏の影響か、例年よりも葉が散るのが早いという。

 同市長谷戸台口と北沢峠(2032メートル)を結ぶ市営南ア林道バスからは、谷の対岸に見える双児山(2649メートル)などの斜面が色づき、コメツガなどの緑や青空との対比が鮮やか。北沢峠から1時間半ほど登る仙水峠(2264メートル)付近でも谷あいに紅葉が広がり、盛んにカメラのシャッターを切る登山者の姿が見られた。

 市営バスには12日までの連休3日間に、上下線で延べ約2800人が乗車。通常ダイヤは上下線各4本だが、混雑時には臨時便で対応している。運行は11月8日まで。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


豊丘 ハナショウブ
豊丘 ハナショウブ

湯の丸高原 ツツジ
湯の丸高原 ツツジ

大鹿 青いケシ
大鹿 青いケシ

八島ケ原湿原 ワタスゲ
八島ケ原湿原 ワタスゲ

泰阜 ササユリ
泰阜 ササユリ

花だより