信州の花(紅葉)だより
休耕田を彩る薄紫 伊那でツツジ100本見ごろに
2006/04/25 10:21
薄紫色の花が見ごろを迎えた伊那市の白鳥利美さんのツツジ

 伊那市羽広の農業白鳥利美さん(71)が交配させたツツジ約100本が、自宅近くの休耕田で薄紫の花を咲かせて見ごろを迎えている。

 白鳥さんは約20年前、薄紫の花を咲かせる九州原産ゲンカイツツジの雌しべに、濃い紫色の花をつける北海道原産エゾムラサキツツジの花粉を付けて交配した。「これまで交配に成功したツツジは約20種類あるが、このツツジは自慢の一品」という。3月下旬から4月上旬まで寒い日が続いたため、例年より1週間ほど遅れて開花。今週半ばまでが見ごろという。

 白鳥さんは30年ほど前、体調を崩したのを機に養蚕をやめ、趣味で集めていた野生のツツジを休耕田に植え始めた。約20年前からは新しい花をつくり出そうと、さまざまな品種を交配している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


岡谷 十月桜
岡谷 十月桜

根羽 四季桜
根羽 四季桜

飯田 鳩ケ嶺八幡宮
飯田 鳩ケ嶺八幡宮

長野 清水寺
長野 清水寺

諏訪 阿弥陀寺
諏訪 阿弥陀寺

花だより