信州の花(紅葉)だより
竜峡小梅、ほころび始め 18日の天龍梅花駅伝を応援
2018年02月17日掲載
天龍 竜峡小梅

 飯田下伊那地域は16日、飯田市南信濃で最高気温12・9度を記録するなど、3月中旬並みの暖かさだった。天龍村では特産「竜峡小梅」のつぼみが膨らみ、かれんな花がほころび始めた。村内では18日に「天龍梅花駅伝」(村主催、信濃毎日新聞社など後援)がある。開花とともに、選手を迎える準備も進んでいる。

 駅伝コースとなる国道418号の天竜川橋周辺にある同村平岡鴬巣地区の「うぐす梅園」には、数十本の竜峡小梅が並ぶ。村振興課によると、咲き始めは例年より遅め。同課は花が4〜5輪咲いた日に「開花宣言」をしており、例年は大会前の発表が多い。

 同課の大平成二さん(28)は「陽気によっては大会目前の宣言になるかもしれない。当日まで暖かい天候が続いてほしい」と期待した。

写真説明:天龍梅花駅伝のコースとなる天竜川橋の脇で、花を咲かせ始めた竜峡小梅



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

最近の話題 -----------------

天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅

飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ

伊那 フクジュソウ
伊那 フクジュソウ

駒ケ根 フクジュソウ
駒ケ根 フクジュソウ

南箕輪 シクラメン
南箕輪 シクラメン

ボタン 紅葉名所ガイド ボタン 桜の名所ガイド 花・紅葉の名所ガイド


信濃毎日新聞フロントへ